TEL
078-335-7573
MENU
SEARCH

テクノロジーニュース

現場環境のデジタル化事例集

2021.03.30  インダストリー4.0ものづくり企業IoT基礎

西部商工では、現場環境のデジタル化やAIを活用したIoT活用システムを提案しております。IoTやAIを活用したシステムを導入するためには、その導入事例を学んで、自社の現場に合ったシステムを導入することが重要です。
西部商工による現場環境のデジタル化における事例集より、IoT、AI導入の代表的な事例をダイジェスト版でお送ります。

IoT事例:消費エネルギーモニタリング

電気の使用量は、請求時に初めてどれくらい使ったのかがわかるのが、今までの常識でした。
電気は目に見えませんので、計測器で測定するより使用量を見る方法がありません。昨今のIoTによる監視で、工場設備個別に電力測定を行えるような環境を構築することが可能となりました。
その環境を活かしての消費エネルギーモニタリングによる経費削減の提案ができます。
電気の消費する機器を一斉に使用すると契約電力を大きくしなければならなくなります。
そのため、工場設備の稼働を分散させる等の措置を検討することで、契約電力の見直しによる電気料金の削減を検討することができます。
そのためには、どの機器がどういったタイミングで稼働しているのかを調査する必要があります。こうした地道な調査をすべて自動で行ってくれるのがIoTによる消費エネルギーモニタリングです。

IoT事例:リアルタイム監視

今まで工場設備などのメンテナンスで、人が設備を回って記録簿に計測値を記録したり、通過した生産品の数を計測するといった日常業務も、IoTにおよる自動化ができる部分となります。
人が記録をとると、その記録を収集して集計をとるという作業がどうしても必要となります。
集計作業は、工場の稼働終了後となる場合が多いため、どうしても集計作業を行う人は残業対応となることになります。
そんな時には、工場設備に計測値をクラウドサーバに転送するIoTシステムを構築すれば、集計作業もサーバ上に集められた計測値からあらかじめ記録したフォームで自動で出力されます。工場の稼働終了も、時間で決められて終了と同時に集計作業に入るため、人が残業対応で集計を行うということもなくなります。

IoT事例:農業用スマートセンサー

農業は、現在の形からは大きく変貌し、今後より工業に近い分野になると考えらえています。食料事情の改善に寄与するための食料生産効率の向上や、同一の作付面積での収穫量の向上など、従来の農業とは異なるテクノロジーのサポートが必要となっていくでしょう。
効率の良い農業経営を行うためには自動運転の機械や遠隔監視などの技術を取り入れて次世代型農業に移行する必要があります。
その第一歩として、農業用スマートセンサーの導入があります。
これは土壌にセンサーを埋め込んで、土壌のPHや湿度、各種栄養の濃度などを数値化し、どの程度の肥料を必要とするか、散水の必要があるかというものを効率的に供給し、無駄のない農業を行うというものです。
今までのような決まった時期に決まった量の肥料や水を経験則で与えるということより、数値化された最適な量を与えることで食料の量産化を行うことができます。

IoT+AI事例:AIによる予防保全システム

工場の日常業務として行われている従来の予防保全は、「耐用年数が来たら全数を交換する」というものでした。これは使えそうなものでも、年数によって交換することで故障による設備停止を未然に防ぐとともに、交換周期を管理しやすくシンプルな方法でした。
しかし、大きなデメリットとして、使える部品を交換破棄するということでした。
工場設備にIoTによる設備監視を導入した後の話となりますが、集計した計測データを解析し、振動値や電流値などの故障につながりそうな計測値から、故障アラートを生成し、部品個別に交換時期を知らせるというものです。
この計測値から部品交換周期を知らせる解析を行う部分にAIによる判断が用いられています。

現場はIoTによる普及から次フェーズに移行している

現場でのIoTのトレンドはある程度落ち着いてきています。
今度はIoTで収集したデータをどのように活用するのか?というIoT普及の次フェーズに移行しつつあります。
様々な分野で自動的に監視するシステムが開発され、今後産業の基幹部分を構成する可能性もあるものも登場しています。
IoTとAIを組み合わせたデータ解析や、様々な集計方法の登場により、今まで見えなかったものがリアルタイムで管理できるようになってきています。
IoTを組み込んだ設備というのが常識となる時代は、すぐそこまで来ています。

西部商工による現場デジタル化による事例は他にも多くの種類の事例があります。

詳細は以下の画像をクリックして、動画、資料をご覧ください。

ものづくりDX事例