TEL
078-335-7573

創成歯車研削盤

機種
概要
Samputensili GT 500 Hは先端のツーリングテクノロジーで成形と連続創成研削工程を組み合わせ、必要に応じて複雑なギヤを完ぺきに研削したり量産したりすることができます。つまり常にお客様の要望に応える準備ができるという事です。

Samputensili G 250と G 450はワーク直径450㎜までのギヤ加工に非常に有用です。 工具やドレス技術、高速自動化、ユーザーフレンドリーな点に関してシンプルなデザインコンセプトは、この革新的なマシンの背後にある強みです。 G 450にはドレッシングとプロファイル研削のオプションが用意されていますが、GT 500 Hのような広範囲ではありません。 そしてG 250とG 450とHシリーズのホブ盤と組み合わせることによってメンテナンスは非常に簡単になり、常にトップレベルの生産性を保証しながらも一定の柔軟性を実現します。

機種

SG 160 SKYGRIND - ドライ歯車研削盤

SG 160 SKYGRINDは世界初のギヤドライ研削盤です。  この最新技術のプロセスは、熱処理後の歯車仕上研削において冷却油の必要性を取り除きます。完全なドライ工程でスカイビング加工で超硬ホブを使用し、ホブ加工で取り代の90%を除去します。 続いて研削工程でワークを過熱することなく砥石で残りの10%の取り代を除去します。 リニアモーターによって駆動される2つのスピンドルと、より多くのチャンネルを同時に使用する革新的な構造は、2秒未満の非加工時間を保証します。

SG160は、X軸を2つのライナースライドに分割し、それぞれにツールスピンドルを取り付けています。 両スピンドルとも完全な位置制御が可能です。

Samputensiliの新しい研削盤SG 160 SKYGRINDは、自動車産業における伝統的な製造方法と比較して低コストでサイクルタイムを保証します。

SG 160 SKYGRINDは驚くほど生産的な機械で、従来のデュアルテーブル研削盤よりも高速で、設置面積も小さくクーラントタンクなどが不要であるため、補助機器のコストが低くなります。 しかし最も重要な部分は、機械とブランクの温度を上げる研削工程を最小限に抑え、完全に歯車のドライ加工を実現したことです。

製品動画

G250 縦型歯車研削盤

G 250創成研削盤は、ベストセラーであるS 250/400 Gの確立されたコンセプトに基づいて、さらに改良されたマシンです。 その結果、コンパクトで非常にフレキシブルな歯車研削盤となりました。 サイクルタイムを短縮し、外径250mmまで、シャフト長さ550mmまでのギヤを高品質で効率的に量産するため開発されました。 G 250には、非加工時間をほぼ完全に排除するデュアルワークスピンドルが搭載されています。 迅速な工具交換を可能にする最先端ソリューションに特に注意を払い、比類のないプロセスの多様性を確保しています。 このマシンは、セラミックと電着CBN、また成形砥石とねじ砥石が両方使用できる研削盤です。 ツールやドレス技術、高速自動化、簡単な操作性を実現したシンプルなデザインコンセプトがこの独創的ななマシンの背後にある強みです。

特徴
・サイクルタイムが非常に短い
・非加工時間を排除するためのデュアルワークスピンドル
・高速工具交換
・比類のないプロセスの多様性
・セラミックおよび電着CBN砥石、一枚とねじ砥石を両方使用可能
・驚くほど高い操作性

G450 縦型歯車研削盤

G 450は革新的でコンパクト、そして非常にフレキシブルな歯車研削盤です。 サイクルタイムが非常に短く、外径450mm、シャフト長さ550mmまでのギヤを最高品質で効率的に量産するため開発されました。 このマシンは、セラミックと電着CBN砥石、そして一枚砥石とねじ砥石両方が使用できます。 工具やドレス技術、高速自動化、ユーザーフレンドリーな点に関してシンプルなデザインコンセプトは、このユニークなマシンの背後にある強みです。 回転テーブルに取り付けられたワークスピンドルは、ロード/アンロード操作を工具操作と同様に簡単にします。 ドレススピンドルも回転テーブルに取り付けられていますが、ワークスピンドルとは正反対に位置します。

特徴
・サイクルタイムが非常に短い
・非加工時間を排除するためのデュアルワークスピンドル
・高速工具交換
・比類のないプロセスの多様性
・セラミックおよび電着CBN砥石、一枚とねじ研削砥石を両方使用できる
・驚くほど高い操作性

製品動画

GT 500 H 横型歯車研削盤

GT 500 Hは、ホブ加工で創成される他の歯形同様、スパーやヘリカル外歯車の成形と創成研削のために設計されています。 GT 500 Hは、最高品質で効率的、ギアとギアシャフトの小、中、大ロット製造用に設計されました。 製品開発用プロトタイプにも最適でフレキシブルなマシンです。

連続創成研削を使用してワークを研削し、ドレス式、CBN電着ねじ砥石の両方を取り付けることができます。 さらに生産条件に応じてワークを成形研削(シングルインデックス)で研削することも可能です。 両タイプのねじ砥石が取り付けられるのでワークを単独、もしくは好みの組み合わせで加工することができます。 一枚砥石とねじ砥石のドレス用にドレスロール付きのさまざまなドレッシングソリューションが用意されています。 センタリングと測定ユニットは完全に統合されています。

特徴
・創成と成形研削プロセス
・ドレッサブル/CBN電着ねじ砥石
・最適化された運用コスト
・ワークを1種類または任意の組み合わせで研削可能
・完全統合のセンタリングと測定
・一枚とねじ砥石両方のドレッシングソリューション

スペック

テクニカルデータ* Units SG 160 G 250 G 450
最大ワーク径 mm 160 250 250
モジュール mm 1.0 - 3.0 0.5 - 7.0 0.5 - 7.0
最大ワーク長 mm 300 450 450
最大歯幅 mm 180 350 350
最大シャフト長 mm - 500 500
ねじれ角 degree +95° / -45° +45° / -45° +45° / -45°
砥石径 mm 250 max 210 min 250 / 170 or 120 / 90 250 / 170 or 120 / 90
砥石幅 mm 100 180 180
最大研削速度 m/s 80 80 80
ドレッサー径 mm 123 120 120
機械外寸 L x W x H mm 3,275 x 2,200 x 2,285 3,800 x 2,200 x 2,700 3,800 x 2,200 x 2,700
コントロール Sinumerik 840 D sl Siemens 840 D
Solution Line
Siemens 840 D
Solution Line
テクニカルデータ* Units GT 500 H
最大ワーク径 mm 160
モジュール mm 1.0 - 3.0
最大歯丈 mm 1.0 - 20.0 / 1.0 - 25.0 (CBN)
ツールヘッドスイベル範囲 degree +/- 90
ワーク/ツールスピンドル軸間 mm 32.5 - 362.5
最大ワーク長 mm 950
最大アキシャル移動 mm 900
最大ラジアル移動 mm 330
最大タンジェンシャル移動 mm 220
主軸パワー kW 48
セラミック砥石径 mm 80 - 280 (worm)
最大セラミック砥石幅 mm 180
CBN砥石径 mm 220
最大CBN砥石幅 mm 120
最大ドレスディスク径 mm 120
最大ツールスピンドル速度 rpm 0 - 20,000
ワークスピンドル速度 rpm 0 - 1,000
最大ワーク重量 kg 300
クーラントユニット込みの合計接続負荷 kVA 100
標準装備を含む機械重量" kg 27,000

*Technical data subject to change

資料請求・お問い合わせ

その他 研削盤