TEL
078-335-7573
MENU
SEARCH

AT100 AccuTorque

概要
非接触式 AT100 "AccuTorque" トルク・フォースセンサーはTSTA2アンプと組み合わせ、SPECTRA™ 電子装置に接続し、以下の項目の解決策として使用できます。
・工具状態認識
・工具欠損検知
・加工状態の判断
・加工最適化
・品質保証 

AccuTorque トルクセンサーはトルクと推力の直測定値を提供します。AccuTorque で工具の問題を検知、加工品質を確認できます。3つのバージョンがあり、AccuTorqueセンサーはスピンドルやツールホルダーなどの回転シャフトに組み込まれ、そこから信号を5mmのエアギャップを横切って固定子に飛ばします。固定子はデータを受信し、信号調整のためアンプへ送信、それからプロセスする為にコントロール装置送られます。

トルク測定はパワーモニタリングが適切でない回転工具で使われます。アプリケーションとして、ドリル、タップ、マルチスピンドルヘッドなどです。AccuTorqueは工具の問題を検知、ネジ深さや穴あけの加工精度検知で使用されます。 推力(スラスト)は工具ミッシング(不在)を検知し、加工が期待通り行われているかを判断します。

AccuTorque センサーはシグナル調整アンプとセットで供給されます。このアンプはIP67レベルで密封され、機械加工環境での仕様です。

アンプは非回転の固定子に5mケーブルを使って取り付けられます。ケーブルは 最長30mまでアンプから制御盤まで取付け可能です。
トルクアプリケーション:
・欠損工具
・磨耗
・芯穴径(小さい、大きい) 
・ネジ深さの偏差
・ドリル垂直アラインメント
・切刃状態
フィードフォースアプリケーション:
・衝突モニタリング
・フィードフォース偏差
・ネジきり・穴あけ深さの偏差
・芯穴不在

スペック

テクニカル仕様
寸法 (HxWxD in mm) Stator 35 x 35 x 45
Rotor Shaft diameter + 15 mm
(25 mm axial length)
Distance Rotor-Stator 5 mm ± 3 mm
重量 Depending on the tool holder
保護等級 IP67, NEMA 6
温度範囲 Operation: 0 - 60 °C
分解能 Varies depending on shaft diameter
電気接続 M12 x 1 (quick connector)
センサータイプ Non-contact torque and feed force sensor
コミュニケーション Non-contact telemetry
電圧供給 Inductively (Rotor/Stator Principle) ± 10 V: Static force signal
アウトプット Channel 1 Feed force
Channel 2 Torque
供給電圧 ± 15 V DC
認証 CE
資料請求・お問い合わせ

その他 センサー