TEL
078-335-7573
MENU
SEARCH

ソリューションブログ

ローレット加工とは?転造式と切削式それぞれのメリット・デメリットについて

2021.03.30  ツーリングローレット基礎

金属加工の方法の1つに「ローレット加工」と呼ばれるものがあります。これは金属の表面に、細かい凹凸の加工を施す方法を指します。聞き慣れないローレット加工ですが、皆さんも生活のなかで1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。身近なもので例えると、時計のツマミ、ライターのホイール、シャープペンシルの持ち手など…

この記事では、ローレット加工について、その加工の種類やメリット・デメリット、またローレットツールについてお話します。

ローレット加工とは?

ローレット加工とは、金属に細かい凹凸状の模様を施す加工のことです。その加工方法には、材料に圧力を加えて変形させる転造式と、材料表面を削り取る切削式があります。

ローレット加工には主に2つの役割があります。先ほどお伝えした例えのように、私たちが目にする部分では多くが“滑り止め”として用いられます。もう一方は、実際に目にする機会は滅多にないですが、部品の接続部に加工を施すことで“回り止め”の役割も果たしています。自動車、航空機、医療器具など様々な業界で活躍しています。

ローレット加工の種類について

まずはじめに転造式ローレット加工(英:Form Knurling)です。転造式ローレットは、ローレット駒が回転する間にワークに圧力を加えることで、材料の変形によって山が形成され模様をつける加工方法です。この方法は、材料を切ったり削ったりせずに加工されるため切りくずは生じません。また、材料の増加により、ワークの直径が加工前と比べ増加します。下の写真ようなツールを用いて加工を行います。

平目(ストレート)向き
アヤ目向き

次に切削式ローレット加工(英:Cutting Knurling)です。切削式ローレットは、材料を削り取ることで山を形成し模様をつける加工方法です。この加工方法は切りくずが生じます。機械に過度な歪みが生じないので、転造式と比較するとより高品質な加工が可能です。また、材料が変形しないため、ワークの直径が加工前より小さくなります。ワークの最終直径に一定以上の精度を必要とする場合は、注意が必要となります。下の写真ようなツールを用いて加工を行います。

平目(ストレート)向き
アヤ目向き

各加工方法のメリット・デメリットとは?

転造式ローレット加工のメリット
  • 段差際までの加工が可能
  • 素材径より加工後の直径を大きくすることが可能
  • 切削と比較した場合、ツールコストを抑えることができる
  • 比較的短時間で加工が可能
転造式ローレット加工のデメリット
  • 加工できる材質が限られる
  • 設備に負荷がかかる
切削式ローレット加工のメリット
  • パイプ形状や細長いワークの加工に適している
  • 長尺ワークの加工に適している
  • 機械やワークへの負荷を最小限に抑えることが可能
  • 大きなピッチへ加工する際、負荷が少ない
  • 様々な材料を加工できる(樹脂など)
切削式ローレット加工のデメリット
  • ワーク中間部からのローレット加工ができない
  • 段差のあるワークでは加工範囲が制限される

ローレットツールとは?

実際に加工に用いるツールはどのようなものでしょうか。ホルダと呼ばれるツールに駒を取り付けて使用します。この駒には平目、アヤ目、そのほか特殊なパターンがあります。転造式、切削式それぞれに、取り付ける駒の数によりシングルタイプ、ダブルタイプ、トリプルタイプと大きく3つのタイプがあります。加工に使用する機械によってシャンクサイズが異なるので、ホルダ選定の際、お使いの機械のシャンクに対応可能かチェックすることも忘れないように注意が必要です。

シングルタイプ
ダブルタイプ
トリプルタイプ

さいごに

今回はローレット加工についてお話しました。ローレット加工は主に“滑り止め”や“回り止め”の役割で様々な製品に用いられています。加工方法には「転造式」と「切削式」があり、加工方法の違いや、それぞれに得意な点また苦手な点があります。ぜひ条件や目的に合わせて最適な方法のご検討、ローレットツールの選定を行ってください。

弊社はスペインのローレットメーカーINTEGI社(インテギ)の国内代理店をしております。豊富な標準品に加え、特注品の製作も承っております。ローレット加工についてご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。