TEL
078-335-7573営業時間 : 9:00〜17:00(平日)
MENU

ソリューションブログ

サーボエラーの解析と対策:技術的説明、原因特定、及び効果的な解決策

2023.12.20  メンテナンス工作機械

サーボエラーが多発して加工ができないという状況に関して、技術的な説明、原因、及び解決策を説明します。

弊社が対応の事例

サーボエラーによるアラームが多発し、加工が中断されている状況でした。特に、製品の加工時間が約2時間30分と長いため、アラームが途中で発生すると、加工プログラムを最初から再スタートさせる必要がありました。これにより、時間のロスや加工が行えない状況でした。

技術的な説明

サーボエラーは、サーボモーターまたはサーボシステムにおける障害の一種です。サーボシステムは、精密な動きの制御を可能にするため、工業用ロボット、CNC加工機、その他の自動化された製造装置に広く用いられています。サーボエラーが発生すると、これらのシステムの動作が不安定になり、正確な位置や速度の制御ができなくなります。

原因

サーボエラーの原因は多岐にわたりますが、一般的なものには以下のようなものがあります:

  1. 電気的問題:配線の断線、コネクタの接触不良、電源の不安定さなど。
  2. 機械的問題:ギアの摩耗、軸受の損傷、アライメントの不正確さなど。
  3. 制御システムの不具合:プログラムのエラー、センサーの故障、フィードバックループの問題など。

解決策

サーボエラーの解決策は、原因によって異なりますが、以下のステップを試みることができます:

  1. 診断と検査:エラーコードを確認し、システムの診断を行います。配線やコネクタの検査、センサーのテストを実施。
  2. メンテナンスと修理:損傷した部品の交換、摩耗部品の修理、システムの再調整。
  3. プログラムの更新と再設定:制御ソフトウェアの更新、パラメータの最適化、システムのリセット。

これらのステップを通じて、サーボエラーの原因を特定し、適切な解決策を実施することが重要です。また、定期的なメンテナンスとシステムの監視が、将来のエラーを防ぐのに役立ちます。

西部商工株式会社

西部商工株式会社が提供する総合的なメンテナンスサービスが注目を集めています。同社は、急な故障対応から予防保全、AIを活用した予知保全に至るまで、幅広いメンテナンスサービスを提供しています。国内外のメーカーから部品の手配が可能で、特に困難な部品の調達にも対応していることが特徴です。

西部商工は輸入機械商社としての役割も果たし、海外メーカーの部品調達やメンテナンスにおいて、特にSIEMENS製品のメンテナンスに強みを持っています。廃業メーカーやサポート終了機械への対応も可能で、顧客のニーズに応じたカスタマイズされたメンテナンスプランを提案しています。

さらに、IoTを用いた保全対応や運用支援も提供し、エンジニアの手配から部品調達、保全対応までワンストップで行うことが可能です。同社のサービスは、機械の運用をスムーズに保つための強力なサポートとして多くの企業から高い評価を受けています。

現場でお困りの方を
徹底的にサポートします!

ソリューション、製品に関する
お見積もり・お問い合わせはこちらから
まずは、お気軽にご相談ください!
当社への貴社商品・サービスのご紹介営業につきましては、お問合せ・ご相談フォームにてご連絡下さい

お電話はこちら TEL : 078-335-7573
営業時間 : 9:00-17:00(平日)