TEL
078-335-7573

成形歯車研削盤

機種
概要
Samputensili研削盤はモジュール設計のコンセプトに基づいており、個別のニーズに合わせ幅広いソリューションから選んでいただく事が出来ます。G-Hシリーズは汎用性の高い横型のユニバーサル成形研削盤で、ギヤやシャフト研削加工に適しております。 これらのマシンは長いワークにも対応するためGXシリーズも用意しております。 

GT 500 Hはすべての成形と創成研削プロセスと最先端のツール技術を組み合わせています。 複雑な歯車を完璧に研削し、必要に応じて量産加工することができます。 お客様の将来の仕事に合わせて加工対応することができます。

機種

G 250 成形歯車研削盤

G 250創成研削盤はベストセラーのSamputensili S 250/400 Gの確立されたコンセプトに基づき改良を加えました。 その結果革新的でコンパクト、非常にフレキシブルな歯車研削盤になりました。 G 250はサイクルタイムが非常に短く、ワーク外径が最大250mmの歯車、最長550mmのシャフトを高品質で効率的に量産するために開発されました。 G 250には非加工時間をほぼ完全に排除するデュアルワークスピンドルが搭載されています。 研削における工具交換を迅速にする最先端の解決策に注意が払われており、プロセスの多様性を保証します。 このマシンはセラミックと電着CBN、一枚とねじ砥石の両方に対応可能です。 工具やドレス技術、簡単な自動化、操作性高いシンプルなデザインコンセプトはこのマシンの強みです。

特徴
・サイクルタイムが非常に短い
・非加工時間を排除するためのデュアルワークスピンドル
・ホブ切りから研削までの高速工具交換
・比類のないプロセスの多様性
・セラミックおよび電着CBN、一枚とねじ砥石の両方に対応可
・驚くほどの使いやすさ

製品動画

G 500 H 成形歯車研削盤

G 500 Hはモジュラー構造で、非常にフレキシブルな歯車・スクリュー研削盤で、外歯スパ-、ヘリカルギア、クラウニングギアとシャフト、ウォーム、ローター、スクリューのシングルパスクリープフィード成形研削に最適です。 この機械の強みは機械加工プロセスとドレッシングの迅速な段取り変更と多様性です。 G 500 HはCBN砥石とドレサブルコランダム砥石を取り付けることができます。

特徴
・シングルパスクリープフィード成形研削に最適
・外歯平歯車、ヘリカル歯車、クラウニング歯車およびシャフト、ウォーム、ローターおよびネジ
・急速なフォーマット変更と多様性
・CBNとドレッシング可能なコランダム研削砥石

GP 500 H 成形歯車研削盤

新しいGP 500 Hは一連のイノベーションを特色とし、横型Gシリーズの改良を確立しています。 GP 500 HにはCNC軸が追加されているため、2つのスピンドルで作業することができます。 両方のスピンドルに、それぞれ2つの研削をセット可能です。

単一ギアは第1スピンドルで荒研削され、第2スピンドルで仕上加工されます。 一本のシャフト上の段ギアは、同時に両方のスピンドルに荒と仕上用の砥石をセットすることで1回の段取りで同じに加工できます。 もちろん異なるサイズの砥石で加工していただけるよう、別のドライブで出力とスピードを設定可能です。  いくつかのスピンドルを準備していますので、研削砥石径と幅を選択し機械の柔軟性が高まります。

内歯車はスピンドルを変更することなく、ツインドライブの原理に基づいて加工できます。 段取り変更は以前よりもかなり速く迅速に出来るようになりました。 シンプルにアダプタインタフェースで迅速かつ簡単に接続できるため、外歯と内歯の研削スピンドルの変更も簡単です。 GP 500 Hではワーク、納期、ロットサイズに応じて電着CBNまたはドレッサブルコランダム砥石を利用していただけます。

特徴
・追加のCNC軸により2つの別個のスピンドル
・各スピンドルには、最大2つの砥石をセット可能
・シャフトにある2種類のギアは、各スピンドルに荒、仕上用の砥石をセットし1回の段取りで加工可能
・単一ギアは第1スピンドルで荒研削、第2スピンドルで仕上加工

製品動画

GT 500 H 横型歯車研削盤

GT 500 H はホブ加工で創成される他の歯形同様、スパーやヘリカル外歯車の成形と創成研削の両方に対応します。 GT 500 Hは、高品質で効率的、ギアとギアシャフトの小、中、大規模バッチ製造用に設計された、試作用にも最適でフレキシブルなマシンです。

連続創成研削を、ドレッサブル/電着CBN砥石の両方で加工可能です。 必要であれば、ワークを成形研削することもできます。 一枚砥石とねじ砥石の両方のドレス用に対してドレッサー装置を準備しています。 自動歯合わせと測定ユニットも搭載。

特徴
・創成と成形研削プロセス
・ドレッサブル/電着CBNねじ砥石
・最適化された運用コスト
・ワークを単独または組み合わせで研削
・自動歯合わせと機上測定装置
・一枚とねじ砥石両方に対するドレッシングソリューション

G 375 H 成形歯車研削盤

特徴
・シングルパスクリープフィード成形研削に最適
・平歯車、ヘリカル歯車、クラウニング歯車
・シャフト、ウォーム、ローター、ネジ
・オプションで、内歯スパーまたはヘリカルギアを研削することもできます
・迅速な段取り変更と多様性
・CBN研削砥石、セラミック研削砥石、ドレッサブルCBN研削砥石、ドレッサブルセラミック研削砥石
・オプションのドレッシング装置

製品動画

スペック

テクニカルデータ* Units G 250
最大ワーク径 mm 250
モジュール mm 0.5 - 7.0
最長ワーク長 mm 450
最大歯幅 mm 350
最大シャフト長 mm 500
ねじれ角 degree +45° / -45°
砥石径 mm 250 / 170 or 120 / 90
砥石幅 mm 180
最大研削速度 m/s 80
ドレッサー径 mm 120
機械外寸 L x W x H mm 3,800 x 2,200 x 2,700
コントロール   Siemens 840 D Solution Line
テクニカルデータ* Units G 500 H GP 500 H GT 500 H
最大ワーク径 mm 500 500 400
モジュール mm 0.5 - 22.0 0.5 - 15.0 6.0 (generating grinding)
最大歯丈 mm 52 29 1.0 - 20.0 / 1.0 - 25.0 (CBN)
ツールヘッドスイベル幅 degree +/- 90 +/- 90 +/- 90
ワーク/ツールスピンドル軸間 mm 20 - 445 15 - 380 32.5 - 362.5
最長ワーク長 mm 1,250 (2,150 HL) 1,250 950
最大アキシャル移動 mm 900 (1,500 HL) 900 900
最大ラジアル移動 mm 33 330 330
最大タンジェンシャル移動 mm n/a 160 220
主軸パワー kW 20 (35) 5.5 / 16 48
セラミック砥石径 mm 40 - 300 30 - 300 80 - 280 (worm)
最大セラミック砥石厚 mm 80 / 105 40 180
CBN砥石径 mm 30 - 220 30 - 220 220
最大CBN砥石幅 mm 30 / 60 30 120
最大ドレスディスク径 mm 150 150 120
最大ドレススピンドル速度 rpm 32,500* 20,000 / 40,000 0 - 20,000
ワークスピンドル速度 rpm 0 - 600 0 - 600 0 - 1,000
最大ワーク重量 kg 350 350 300
クーラントユニット込みの合計接続負荷 kVA 150 150 100
標準装備を含む機械重量 kg 15,500 15,500 27,000

*) Depending on wheel dimensions. Technical data is subject to change without prior notification. Max. values depend on the application.

資料請求・お問い合わせ

その他 研削盤