TEL
078-335-7573

ステアリングラックフライス盤 RMS-ステアリング

概要
フライス盤-RMSステアリングは、ステアリングラックの歯形をフライス加工するために設計されています。世界中の様々な大手ステアリングラックメーカーで、Keselフライス盤による歯型加工が行われています。ワークの取付けは手動で行われるが、自動化への作業は簡単に変更できます。工具交換装置付きで様々なオプションがあり、お客様のご期待にお答え致します。

オプション
- CNCで調整可能なB1軸 (ヘリカル歯形)
- CNCで調整可能なA1軸 (デュアル歯形)
- いろんなステアリングラック用アクセサリー
- 冷却剤用冷凍ユニット
- 工具交換装置
- 自動化消火装置

スペック

テクニカルデータ*
移動量  
Y軸 400 mm
Z軸 540 mm
B1軸 +/- 28°
フライス盤ヘッド  
型式 F 350ハイパワードライブ
パワー 45 kW S6 40%
RPM 最大450rpm, 可変
アーバー  
最小カッター径 165 mm + 2 x 深さ + 5 mm 余裕幅+ 再研磨幅 (メーカーによる)
最大カッター径 310 mm
最大カッター幅 240 mm (詳しくは当社まで)
Control  
制御 Siemens SINUMERIK 840D sl
クランプ装置  
クランプ装置 油圧式クランプ装置,(またはマグネチックのクランピングプレート)
クーラント  
冷却剤
容量 900 リットル
フィルター マグネットタイプフィルター
電源規格  
電圧 3 x 400 V
電流 80 A
機械寸法/重量  
寸法 (L x D x H) 6,200 x 5,500 x 2,900 mm
機械重量 approx. 12,000 kg (制御盤を含む)
資料請求・お問い合わせ

その他 ラック盤